似非チャイニーズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 人民日報 2005/6/21 《ハーゲンダッツが危ない!!??》

<<   作成日時 : 2005/06/21 17:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

国際的に知名度の高いアイスクリームブランド ハーゲンダッツの深圳“厨房”は
なんと衛生許可証を持っていなかった
深圳の本家ハーゲンダッツ“加工場”は なんと“黒作坊”だった


胡謀 王偉 朱華夏 王海 原国鋒

 衛生許可証を持っていない、生産機器とトイレが隣接している―このような“厨房”で造られた“食品”、あなただったら 高いお金を費やしてまで食べますか?
 最近 深圳市羅湖質量技術監督分局会同工商の衛生監督部門などが ある偽物食品の生産拠点を検査していると、国際的に知名度の高いアイスクリームブランドであるハーゲンダッツの深圳の正規“厨房”までも“黒作坊”であったことが判った。

 ある電話が“黒作坊”を暴いた
  “‘偽’商品の生産工場”が 意外にも 本家の“加工場”だった

 ある日 深圳市の質量技術監督局に一本の通報が入った。“黒作坊”がハーゲンダッツアイスクリームを生産していると言うのだ。
 6月16日、執行官が80uの個人所有家屋の中で発見したものは 4名の労働者と 食品生産機器とトイレが隣接し ゴミ箱が路をふさぐ工場だった。正当な検査資格を持つ職員が“‘偽’商品生産拠点”に対して罪状確定の準備を進めていると、急ぎ現場に到着したハーゲンダッツ深圳支社の社員が彼らにこう言った:ここはハーゲンダッツ深圳経営店の正式な“加工場”で、アイスケーキを生産し 深圳市内の5店舗のハーゲンダッツブランドを扱う店に卸している。
 この職員が衛生許可証などの証書を提出する事が出来なかった為、執行官はその場で当該“厨房”を封鎖した。現場にあったアイスケーキを全て処分し、この非合法加工場から流出した25sのアイスケーキについても 焼却処分とした。
 現在 ハーゲンダッツに対する行政処分が執行されている途中である。深圳市の関連部門によれば ハーゲンダッツ側が もし証拠物件の閲覧と弁明を要求するならば、今月24日以までには判決を下すとのこと。

 大中華区 総経理が公開謝罪―
  二日の間に深圳の5店舗では7件の返品要求を受けた。

 17日 ハーゲンダッツ大中華区総経理 朱璽が深圳に急ぎ到着し、最初にこのニュースを報道したメディアと接触、18日に当該メディアを通じて 公開声明を発表し 謝罪した。
 20日 記者がハーゲンダッツ深圳支社に電話を入れ 状況を探ろうと試みた。職員の話では 会社中の管理職全員が会議を開いており、上海総部から関連状況を説明するということだ。
 深圳市 疾病予防コントロールセンター食品科のある職員が記者に洩らしたところによれば:ハーゲンダッツは当該センターによる質量検査を定期的に受けており、国家冷凍食品の検査基準に照らし合わせても 何の不適格項目も発見されていなかったとの事。
 情報では18・19日の二日間で 深圳の5店舗では 7件の返品要求を受けたと言う。

 ハーゲンダッツ上海総部―
  総経理助理には電話が繋がらない:
  《メディア宛の手紙》では深圳の事件はほんの一部の現象であると強調

 20日14時 半頃 記者はハーゲンダッツ上海総部へ電話を入れた。先ず 顧客サービスホットラインのbプッシュしたが、結果 この番号はありませんとのアナウンスが流れた。その後 記者は会社の交換台に 総経理若しくはその助理へ繋いでもらうよう頼んだが 全て電話は繋がらなかった。
 14時45分 記者は市場部の職員に接触した。彼の話では、深圳で捜査を受けた無許可の厨房は 実は 元々ハーゲンダッツの当該市第一号店だったが 閉店の後 厨房として使用していたそうだ。そのため 今回の捜査は衛生許可証の期限切れだけを検挙した。ハーゲンダッツは特許加盟などの経営方式を採用しておらず、質量は完全に保証できるとの事だ。
 インタビュー申し込みの結果、記者に一通の《メディア宛の手紙》が送られてきた。手紙の主な内容は 以下の説明である:現在市場に流通しているハーゲンダッツアイスクリーム商品と原料の全てはフランスからの輸入品であり、上海で衛生検査を経た後、まとめて各地の厨房に送られ 包装される。商品は国家食品衛生基準の核指標に照らし合わせている―との事だった。同時に深圳の事件は ほんの一部分だけの現象であると強調していた。情報ではこの《メディア宛の手紙》は 既に上海の全主要メディアに送付されているそうだ。
 16時30分頃、記者はやっと総経理助理の呂さんと連絡することができた。上海ハーゲンダッツ総部の総経理 兼 広報の方に直接インタビューをしたいとお願いしたが、この件に関して 20時30分現在まで回答はもらえていない。記者の原稿が印刷に回る直前まで 総経理助理の呂さんの電話は留守録のままである。

 北京ハーゲンダッツ―
  支店は 依然 顧客で溢れている;
   北京での販売 及び加工状況のあらゆる情報を公開拒否

 20日午後 北京のハーゲンダッツ支店を何軒か回ってみた。どこもぎゅうぎゅう詰めだ。ハーゲンダッツ食品公司北京支社が登記されている住所―南小街華智商務ビル内で、記者に対応した 通用磨坊北京支社の職員が言った;ここではハーゲンダッツの一部販売を取り扱っているだけで、北京市場でのハーゲンダッツの加工場については 全く判らない。状況に通じている市場部責任者は全員ここには出社しない。
 日壇路上のハーゲンダッツの店で 記者は依然として店内に顧客が溢れているのを目撃した。店長は北京ハーゲンダッツの販売と加工に関するあらゆる情報を公開する事を拒絶した。ただ“ハーゲンダッツ(中国)有限公司総経理朱璽”名義の《メディア宛の手紙》を記者に見せるだけである。国貿ビル付近のハーゲンダッツでは 店長が記者に対してこう洩らした:会社の指示で 取材は全て拒否しなくてはならない。もし北京市場でのハーゲンダッツの販売・加工状況について知りたければ、上海本社から返答する とのこと。

 質検総局―
  調査は進行中であり、責任の取り方を見て対応を決める。

 “ハーゲンダッツアイスケーキ 無衛生許可小工場で生産”の一件について 国家質検総局の関連責任者は:この件の調査は今進行中である。質検総局としては消費者に対する責任・企業に対する責任・社会に対する責任の取り方を見て 対応を決めたい―と言っている。

【人民日報 2005年6月21日 第五版】
http://www.people.com.cn/GB/paper464/15034/1333988.html


 中国でハーゲンダッツは《哈根達斯》なんですな・・字面を見ても、ハーゲンダッツが思い浮かばない( ・_・;)私が住んでいたのは地方都市の最たる所だったので ハーゲンダッツなどは手に入りませんでしたが、大都市に住んでいる方ならば“ハーゲンダッツが何より楽しみ!!”という方も居られるかと・・どうでしょう?この記事??
 中国人の90.2%は『気にしない』ようですけれどね☆(上図参照)
 マ.でも、厨房といっても、アイスクリームそのものを造っている訳じゃなく、個別包装をしているだけみたいですから オK?・・・(Θ∀Θ)・・・という訳にも行きませんか・・??
 トイレの隣で詰めたアイスは・・やっぱ嫌か・・嫌だな!
 中国当局が ハーゲンダッツの対応を見て処分を決めると言うのは・・やはり・・を待ち構えているのでしょうね。メディア通じて圧力かけてみたり。おそらく
ガッポリふんだくってやろうと考えているのでしょう。なんかイッパイ取れそうだしねぇ・・・( - _ -#)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
nnhzztjgfj.dijoftf1p1ivj, <a href="http://www.gnncpqxapz.com/">txcveufwcc</a>
kxjvyogtnh
2014/09/28 12:38
ohtzstjgfj.dijoftf1p1ivj, http://www.lqnpnfqyih.com/ zrohngnedn
odepalxlvu
2014/10/02 01:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
人民日報 2005/6/21 《ハーゲンダッツが危ない!!??》 似非チャイニーズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる