国境を見に行く。

中国―北朝鮮の国境の町;丹東に。 大連⇔丹東は車で約4時間。 早朝7時に集合。  ―7時集合って・・・何時に起きたらいいんスか?   「7時集合」の意味が判らず   午前3時に目が覚め   そのままダラダラと起きていた私。   「早起き」は「早起き」だったが、出発はギリギリ。。   久々に早朝のさわや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京に行く(円明園を歩き回る・・・)

9月の中秋節の頃は、ちょうど北京では蓮の花が満開だった。 円明園でも 園を挙げての「蓮の花展覧会」が催されていた。 園に入る門の前から 干支よだれ小僧どもの噴水を浴びて、無数の蓮の花が・・・↓   じょーろじょろ・・・ 園内の池は、一面が蓮の葉で埋まって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京に行く(パラリンピック会場を遠目に見る)

私が北京を旅行した、中秋節のころは ちょうどパラリンピック開催期間真っ只中。 公共交通機関に設置されているモニターには オリンピックのダイジェスト&パラリンピックの中継が流れ 町を歩けば 「中国加油」とプリントされた小旗を売る自転車のおっさんあり パラリンピック公式ボランティアのユニフォー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京に行く(胡同をあるく)

北京には何度か来たことがあるが 胡同をまじめに散策したことは一度もなかった。 今回はそれをやってみた。 やってみると予想以上に楽しい 胡同:中国清代の四合院建築と その間に張り巡らされた細い路地の通り 四合院とは、 多世代同居が一般的だった 中国の以前の生活様式を反映し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京に行く(雍和宮でテロ?にあう。)

中国清代の皇帝が建立した、チベット仏教の寺院「雍和宮」   一度だけチベットに行って   そのたった一度ですっかりチベットのとりこになった私としては   北京に来たからには 是非行っておきたいスポット ―ということで地下鉄五番線で、「雍和宮駅」へ。 駅から「雍和宮」へ向かう路上で大量の線香が売られており …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内モンゴル自治区に行く

2008年8月1日 22:15発の火車に乗って、人生初の内モンゴルへ。 久々の硬臥で、眠っている内に目的地に到着という旅程。 今回は、内モンゴル自治区の中でも 遼寧省に最も近い位置にある 東端の町;通遼市。 大青溝自然保護区や珠日河草原がある。 火車に揺られて、9時間弱 内モンゴル自治区の「甘旗Ka…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more